FPSゲーマーなら4Kより144Hzモニターがおすすめ!

FPSゲーマーは144Hzモニターを利用しよう!

確かに4Kに対応したディスプレイも魅力的ですし、今後のゲームやパソコン性能は4Kでも快適に動くことが一つのステータスになることは間違いありません。しかし、ゲームジャンルによっては4Kよりもフレームレート重視のゲームがあります。それがFPSです。主にシューティング系が多ですがFPSゲームは一瞬の動きの違いで勝敗を分かつケースが多いです。

 

その一瞬の動作に違いが出てくるのがフレームレートです。通常のモニターは60Hz対応となっており1秒間にパソコンから送られてくる画像を60回更新できる性能です。

 

ただし、パソコン側で200fpsが出ていてもディスプレイ上では60fpsといった同等になってしまいます。これではパソコンで出している200fpsは無駄。そこで60fps以上をディスプレイ上でも再現することができるのが120、144Hz対応のディスプレイになります。60Hzモニターの約倍以上も1秒間に描画できる画像の枚数が違ってくるため映像は滑らかとなり相手よりもコンマ数秒ですが有利に動いたり、相手の動きを捉えることができます。

 

ハードウェアチートと言われるかもしれませんがFPSゲームで強いプレイヤーの多くは画質よりもこのフレームレートに拘っています。特に近距離、出会い頭での対決は圧倒的にフレームレートを高く出して描画している人の方がパソコンでは有利です。コンシューマーと違い、誰もが同等の条件ではないのがパソコンゲームの面白いところ。

 

解像度は高い方が映像がくっきりして相手を発見しやすいケースもありますがパソコンへの負荷が高まりフレームレートがどうしても落ちてしまいます。それなら解像度はフルHD程度に押さえてフレームレートを出すことがFPSゲーマーのステータスでもあります。

 

今後、よりグラフィックボード性能が上がって4K解像度でも200fpsくらいを出せるようになってくれば恩恵は大きくなりますが現状で4K解像度にすると30fps〜60fpsがほとんどは限度でしょう。そのためFPSゲームなら解像度はそこそこにしてフレームレートを稼げるパソコンと描画できるディスプレイを選択した方が戦績を伸ばすことができます。

 

あなたのメインでプレイするゲームタイトルによってディスプレイ選びをしましょう。ソロプレイ中心で綺麗な映像、背景を楽しみたい場合は4K対応ディスプレイ、動きの早い一瞬の判断が勝敗を決めるようなゲームを中心にプレイするのであれば解像度よりフレームレートを高くだせるディスプレイを選ぶのが無難です。